TOP

聞いたことあるけどよく知らない「発達障害」の用語

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

 テレビでよく聞く「発達障害」。その中の「自閉症」は、最近では「自閉症スペクトラム障害」と言われるようになりました。
 以前は、同じ自閉症でも、「自閉症」「アスペルガー症候群」「高機能自閉症」という三つの区分がありました。現在ではこれら一括して「自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder, ASD)」という名称になりました。
しかし、この三つの名前を聞いたことはあるけど違いがわからないという方が多いと思います。そこで本記事では、この三つの違いを簡単に述べてみたいと思います。なぜ、違いを知る必要があるかというと、確かにASDとまとめて考えられる概念ではありますが、この三区分は症状として明確に異なるからです。
 ポイントは「知能(IQ)が低いか」と「言葉の発達に遅れがあるか」の二点です。明記しませんが、三つともASDの診断基準(社会的コミュニケーションの障害と限局的な興味・関心)を満たしていることが前提です。診断基準を満たした上で、「IQ」と「言葉の発達」で明確に分けられるということです。
 まずは言葉の意味を確認します。IQは、世界的な知能検査で測定します。普通、IQは70~120の間に入ります。しかし、「知能が低い」というのは精神医学では、IQ70以下のことを意味します。そのため、ここで「IQが低い」というのは知能検査でIQが70以下のことを指します。
 次に、「言葉の発達の遅れ」ですが。一言で言えば、「初語や二語文が出てこない」ことです。赤ちゃんは産まれて一年で初語が出て、二歳くらいで二語文を話すようになります。「言葉の発達の遅れ」は、初語が二歳やそれ以降にやっとでてきたりすることです。
 これで、言葉の意味は確認できました。ようやく「自閉症」「アスペルガー症候群」「高機能自閉症」の違いについてです。
 「自閉症」は、「IQが低い」と「言葉の発達の遅れ」の両方が症状として現れます。そのため、三つの中では最も社会生活を営むのが難しくなります。
 次に、自閉症に似た「高機能自閉症」は「言葉の発達の遅れ」はありますが、「IQの低さ」はありません。つまり、IQが70以上で言葉が遅れるのが「高機能自閉症」です。「高機能」というのは「知能に問題がない」ことを意味します。
 最後に、「アスペルがー症候群」ですが、「IQの低さ」も「言葉の発達の遅れ」もありません。つまり、ASDの診断基準のみを満たした状態です。
 以上が、三つの違いです。この三つはASDと一括りにされていますが、実は全然違うのです。そのため、ASDが社会で暮らしやすくなるためにも違いを把握しないといけません。その第一歩が正確な知識を得ることだと私は思います。

.

最終更新日:2018-02-05 06:09

コメント (0)